ウォールストリート

ウォールストリートが世界経済の中心と言われる理由


ウォールストリートはアメリカ、
ニューヨーク市マンハッタンの南端部にある細長い通りの名前です。

ウォール街とも呼ばれ、世界の金融地区として世界経済を牽引してきました。

WALL stと書かれた看板はニュースや経済番組、
映画に至るまであまりにも多くの機会において人々の目に触れており、
地名を通り越してアメリカの金融業界や証券市場そのものを指す比喩として
用いられることも多くあります。

名前の由来は1652年、
オランダの植民地であった当時のニューヨークを、
イギリス人からの攻撃に備え築いた木材の防護壁(ウォール)だとされています。

1792年には材木の取り引きのため、商人や投資家により取引所が開発され、
これがニューヨーク証券取引所のはじまりです。

ちなみに日本でFX取引が始まったのは1998年で現在のひまわり証券です。
そして現在2016年は、インターネットも普及し沢山の人がFXをやっています。
優良FX会社徹底比較!初心者でも安心してはじめられるFX会社はここ!には、
これからFXの口座開設する人のために詳しく書かれています。

その後20世紀にはアメリカの繁栄は世界の中心となっていったため、
巨大な金融市場に成長していきました。

全ての市場取引は需給のバランスで決まることからすれば、
ウォールストリートが世界経済の中心と言われるようになったのは、
ある意味当然でもあります。

現在は、かつてウォールストリートにあった多くの金融機関の本社機能は、
ミッドタウンやニュージャージー州などへ移転しています。

純粋なアメリカ資本の大手金融機関は移転したとはいえ、
やはり世界経済を動かす金融地区であることには変わりません。